Epic Theft世界樹の迷宮メインの二次創作とか語りなブログ。
旧世界樹のめいろですが別に中身なにひとつかわってません。
絵とか小説とかあるよ。CATEGORIESからどうぞ。
リンクフリー。バナーはPROFILEの中にありますよ

公式とは全く関係ありません

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
    30Fまでの事と世界観的(?)なアレコレ 22:10
    0
      30Fまでを、主にクエストメインで(強F.O.E.戦)さらっとおさらい的に書き連ねてます。
      ほとんど記憶あやふやです。

      後は、今回のシナリオ面とか、システムとはあまり関係ない気になった部分を
      とりとめなく書いたりしてます。
      世界観というかキャラクター面というか…。

      今回、バグは然程不満ではない…と言えば 大 嘘 になりますが、
      バグ含めたシステム周りに関してそれほど不満は無いです。
      戦闘が力押しなのと、前作と比べて方向転換しすぎなクラスが気になると言えばなりますが、「どの方面でもいらない子」は居なくなったと思いますし。
      少なくとも、前作メイン5人の他採取レンジャー含めて5人も作らなかったのに、
      今回は二軍三軍育成するほど楽しんでるので、その辺りは理屈じゃなく満足してます。
      クエストも前作は殆どやらなかったのに、今回は既にコンプしました。
      そんな感じで前作と比べてかなりやりこんでますね
      さて、本題に。
      第六層入ってからは…正確にはゴーレム撃破後から、もう、本当Wikiのお世話になってしまいましたorz
      最初は26Fの「正解」への道。
      これはもう、本当手詰まりでした。よく考えれば今回やたらと「夜しか通れない」箇所があったので(マスを通過できない場所から、F.O.E.のせいで実質通過出来ないところも含めて)それがきっと布石だったんですよね。見事に気付きませんでした。
      で、それを抜けた先の28F…ここも落ち着いて熟慮すれば然程難しいものではなかったのですが、26Fの矢先でしたので「ここも難解な仕掛け(私にとって難解だったというだけですが(笑))なんだろ」とか即行で投げてしまって、答え見てから「それくらい気付けよ」と我ながら呆れたものでしたorz
      まあ25Fクリア前から幾度かwiki見てしまった前回と比べればマシとは言え、自分の不甲斐なさに若干絶望した第六階層でした。
      で。

      ・竜戦
      今回はパラは一軍じゃなかったので三色ガードがまだ揃ってませんでした。
      でもチラっと、今回は3色ガード必須でも無いようなことを聞いたので、そのままチャレンジして見る事に。
      前作での3色ガード無し攻略というと、確かブースト医術と幻想曲(でしたっけ)と縛りだったと思うのですが…それも無い我が一軍メンバー。
      と、思ったのですが今回(前回もですかね?)ミストが結構有効なのと…そう、確かにうちのDHは剣なので縛りスキルは無いのですが、フォーススキルなら剣でもできるじゃん!という事でその二つで挑戦してみようと思いました。
      で、とりあえず雷竜へ。
      編成は、ブシ、DH、マグス、カスメ、ガンナー。地味子お留守番です。がぁん。
      と、いうのもカスメ入れる枠が欲しい(変化&ペイン砲で)のと、アザステがそれほど必要ではないんですよね。マグスのヒールなら敵に先行出来ますし、オールボンテージの遅れはガンナーのフォーススキルでフォローできるので…。
      と、いうわけで
      ブシ→死人の法(どうせ変化通らないとダメージカスいので)→以降ツバメ
      DH→オールボンテージ→以降自分にアクセラ投与
      マグス→鬼力化(ガンナー)→鬼力化(ブシ)→以降回復とかアクセラ
      カスメ→変化の呪言→以降ペイン砲
      ガンナー→至高の魔弾→跳弾→HP減ってきたらドロップの為に属性攻撃

      という感じでGOでした。即行で縛れて2R程度無駄にしてくれて、よし楽勝!と思ったのですが…

      縛りって、解けるの、早いんですね…。

      実は持久力の無いPTゆえ、これまでほとんどフォーススキルって使ったこと無かったんですよね。実用的な使い方したの初めてかもしれません。
      アクセラもゆっくり投与してたので間に合ってませんし、今ブレス来たら全滅です。…と思ったのですが。
      良く見ると、雷竜さんも既に瀕死でしてね…。
      次ラウンド適当に削って最後にガン太のサンダーショットで終わってしまいました。
      初見でやってしまうとは予想外でした。ドロップもばっちりゲットです。
      他の竜もこんな感じで〆てしまいました。
      うちの場合ブシが上段特化なので火竜や8Fのアイツとかのドロップは狙いやすかったですね。
      …ちなみに、レンジャー入れてる余裕無いので、あの魔物はお亡くなりになりました。ごめんね!

      余談ですが、赤竜イベントのギルド長が燃えすぎて困る。
      兜の下がシャル○ット過ぎるのもアレですが、最後にちゃんと出頭するぜな潔さがいいですね。
      エスバットもレンツスもそれくらい謙虚であれよと思ったものですよ。
      勿論本当にお縄になってほしいとは思わないのですけど、ああいう態度見せるだけで全然違いますよね。
      ちょっと〆がベタでしたけど(笑)
      …エスバットと言えばレンツスと比べて豪い言われよう(なキガスル)ですが、個人的に彼女らに足りなかったのは、よく突っ込まれてる動機面じゃなくて、オチに至るまでの経緯だと思ったりしますよ。
      っていうか動機と言うなら、そりゃ、高いたかーい視点から見るならレンツスの方が正当かもしれませんけど、いざ襲われる当事者の立場で考えれば「公共の利益の為に死ね」よりまだ同情の余地のあるエスバットの方がマシじゃね?とか思ったりしなくも無いと言うかw
      そりゃどっちも嫌ですけど。

      ・ヘカトンケイル
      正直、二度と戦いたく無いです(笑)
      とは言え条件ドロップの為にもう一度はいかないとならないのですが…。

      基本戦術は竜と同じなのですが、こっちはHPが高いのか防御が高いのか耐性があるのか全部かは知りませんが(データ確認して無いので)やたら長引いて。しかも竜は、まあ、結構軽めの攻撃もしてくるのですが、ヘカトンケイルさんは何か常に痛いことばかりしてきた覚えがありまして、中々倒せませんでした。
      ほぼ運ゲーでしたね。とほほ。

      ・鰐
      初見で全滅して以来会ってません。

      ・よーこたんはぁはぁ
      初見で以下略

      …現在、初見全滅の二者を残してモンスター図鑑は埋まってます。
      ドロップは、氷竜条件、ヘカトンケイル条件を始め、縛り系条件ドロップがちらほら抜けてます。縛りスキル持ちが居ないPTでしたので必然的に。
      鞭ダクや縛りカスメや縛りガンナー育てたのですが。DHやガンナーだと縛る前に殺してしまうので、結局カスメだけでよかったような。
      今回は逆鱗マラソンみたいなものは無さそうで…ほっとする反面、やっぱり物足りない気がしてしまいます。
      だから今、やろうと思えば即コンプできてしまう分(よーこたんだって、その気になればというか、形振り構わないなら全裸カウンターなソードマンでも何でも作ればいいわけですし)、心に余裕を持って(笑)進めてます。故に今止まってますw
      ゆっくり二軍三軍育成したり、その合間に雑魚の条件ドロップ取りに行ったりです。
      今最高レベルは多分ブシ男とマグ子が74LV間際になってるのかな?
      続いて、DH,ガン太、少し遅れて地味子とカメ子です。

      そんな感じで30Fまで一応到達しました。
      なんか酒場のおいちゃんの台詞が泣けますねw
      30F到達してもうすぐ世界樹は踏破されちゃうのですが、ちゃんと新しい風は吹き込んでくるっていう、何というか。
      公宮の大臣の台詞はアレなのですが(「君等のお陰でこの国が栄える事があっても、廃れる事は無い」って台詞は、モロ前作のブーイングに対するご機嫌伺いが露骨でちょっとw)、こう、台詞じゃなくてそのシーンとして、「まだ続くんだよ」って描写してくれるのは後味良いです。
      個人的にはエトリアの冒険者達のように、そこで得られる富と名声が無いと知れば次の地へ旅立ってしまうという…観光や知識の探求なんてのはごく一部で、大部分はハングリーなんだよって方が脳内冒険者像とは一致したりしますが、まあそれはあくまで冒険者像であり…。やっぱり「ゲームが終わってもまだ世界は続くよ!」みたいな演出って好きなんです。
      まあ、エトリアも別に終りじゃないですし、あの祭りの後的な雰囲気もそれはそれで「(以前ほどの繁栄は無くても)続く世界」だとは思いますし好きですけど。世間一般では不評の最たる部分だと思いますがね!
      その辺の違いは、元々樹海が見つかる前からそれなりの体制があった集団と、樹海バブルでもりもり大きくなっちゃった僻村の差という事で(その辺り、1のリプレイ小説じゃ人とか流通とか需要と供給とかの関係で「樹海が踏破されると寂れる」って部分をそれっぽく(所詮、“ぽく”)脳内補完したのですが)妄想すると面白そうです。
      元々国家として体制が確立した集団でしたらいわゆるゴールドラッシュ(笑)に対する受け皿としてのノウハウもある程度はありそうですし、元々の国民のおぜぜ稼ぐ手段も冒険者に依存しないものが多かったりで然程ダメージが少ないとか、でしょうかね。まだちゃんと考えて無いのですけど。
      夢追い人な冒険者が減って、樹海産物の供給が安定しちゃって…と、フィーバーが収まった後でもちゃんと地に足付いた運営が出来るというか。

      大分脳内のお花畑ワールドに突入してしまいましたが、ともかく、まあ、やっぱり酒場のおいちゃんは最高なんだぜ!という事です

      …街NPCといえば、ちょっと某所でお話したりしたのですが、今回台詞のバリエーションは増えたけど、パターン的に似たようなものが多いのが気になりました。台詞が増えたのは良いのですが同時に前作と比べてひとつひとつの内容も薄まっちゃったのが残念でしたね。
      あの5人+αの街NPCというのは、世界観上ではハイ・ラガード国民の縮図であるべきじゃないかなと思ったり、するんですよね。
      特に世界樹は、モブですら登場キャラクターが少ないですから。
      例えばハイラガに何万何十万の民が居るとして、そりゃあ全員書く事は無理なわけですよ。
      だからこそ、少ない登場人物で、ハイラガード民の全体を表現する事になる…と、いうか、書き手の脳内がどれほど広大であれ、読み手は出てくる登場人物だけでその世界に生きる人たち全体の気配や呼吸を感じるものと思っています。が…今回…「それがハイラガの空気だ」と言われればそうなんですけど、キャラの個性はあってもそれが全体の雰囲気を示す感じでは無いかな、と思ったりしたんですよね。
      前作だったら、商人は素材を持ってきてくれる冒険者に好意的だけど、バブルがはじけて(笑)生業を失う危機感を持っているとか。
      お役所の偉いやつは、やっぱり上から目線で(笑)悪意無く冒険者をこきつかってくれやがるとか、冒険者の素顔に接する機会の多い女将は比較的親身…ながら、やっぱりエトリア民>>>>>>>>>>>冒険者なんだな!とか(笑)
      なんて、冒険者の視線とは違う「一般人の事情」が少ない台詞の中でも伺えたのですが…。
      今回、そういう意味ではあまり気配を感じなかったのが残念かなと。
      所為体感的な部分ですし、ごくごく個人的な拘りに過ぎない事ですけど。

      こういうのはもう一度台詞を読み返したり、他の方の意見を聞いて「ああ、そうか!」と改める部分ではあると思うのですが(実際、既に世界樹ネーム某さんwとお話していろいろ得たり思ったりする事ももありましたし)、一応、FirstImpressionという事で置いておきます。
      …そういえば、発売前に書いた文章見返してフローゼルみたいな人に関して、即行で「死相でてる」とか書いてて吹きましたwこういうのがあると(正解不正解含めて)、面白いですよね!

      そういえば、意味ありげな「諸王」はこじつけで終わりそうですねorz

      と、いうところで〆。
      えー、何か文句一杯言いましたがw基本的には前作より楽しめてますよ。
      ゲームを楽しんだのは今作、妄想を楽しんだのは前作って感じですかね

      でも今回も段々妄想熱が上がってきてますけどね!
      小説もまた書きたいですし。
      とりあえず今のマイブームは「バーロー(笑)の女は実はバーロー(笑)を愛していたよ説」ですかね!
      天空を去っちゃったのは彼を見限ったからでも地上で死にたかったからでもなく、彼を思えばこそだったのですよ、という!煮えたぎってきましたー

      《プレイ日記目次に戻る》
      《TOPに戻る》
      | 世界樹2プレイ日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ゆの字 -
      スポンサーサイト 22:10
      0
        | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
        Comment








        Trackback
        この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
        << NEW | TOP | OLD>>