Epic Theft世界樹の迷宮メインの二次創作とか語りなブログ。
旧世界樹のめいろですが別に中身なにひとつかわってません。
絵とか小説とかあるよ。CATEGORIESからどうぞ。
リンクフリー。バナーはPROFILEの中にありますよ

公式とは全く関係ありません

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
    逆転検事感想 14:10
    0


      冥たま好き好き!
      態度でかい娘が悔しがって机バンバン叩いてるのとか超萌えるじゃん
      しかも一方では客観的に自己評価できてるところとかたまんねーじゃん
      でも個人的に2のEDはマイナスポイントです。直前までは良かったのに


      まあいいや。
      逆転検事感想です。
      良い事も悪いことも書いてます。
      でもしっかり面白かったですよ!買ってよかった。クリア直後に即二週目開始したのなんて世界樹1以来です…が、逆転裁判シリーズは殆どを二週以上やってるんですけどね!
      大体、一週目は頭で考えた上で正解だと思う選択肢を選んでプレイする感じで。
      2週目は当たり外れ関係なく総当りでテキスト見て楽しむ感じですかね。
      二週目以降はテキスト早いのもありますし。

      そういえば限定版「コレクションボックスになる」とか書いてたのですけど、
      組み立てても別にROMやCDがきれいに収まるわけじゃないのね。なんだそりゃ。


      感想続きから
      ネタバレいっぱい夢いっぱいです
      冥たま大好き!
      ・一話からがっつり楽しめたのは良かった!印象的に1話って、半チュートリアル入るせいか、ちょっとだるい印象があって
      ・現場検証がサクサクいくので、フラグ立てに気を取られないで推理に集中できて良いです
      ・トリックも上手く出来てるんじゃないかな!ストレスとか違和感は殆ど無かった
      ・裁判の時がとにかく物証イノチで、その物証の最たるものは「凶器」…という流れの中で「凶器?ないっすwwww」なネタは上手いなあと思った。殆どの人がすぐ解っちゃうと思う展開は残念。
      ・ライター変わったけど、キャラが極端に変わったりはなくて安心。やっぱりいくつか違和感あるけど。ギャップ萌えのギャップ強調しすぎてる気がしたり(キャラスレとか二次創作にありがちだよね)
      ・個人的に冥たまが必死になるのは自分が追い詰められた時だけであって欲しい
      ・ってか、今回の冥たま本当に敏腕検事っぽいシーンがちらほらあってビックリ
      ・ヤタガラスは…ぶっちゃけ、遅くても4話で足の本数の意味聞かれた時点で3人だって察しつくよね。会話上はごまかしてたけど


      ・感想ちゃうけどハラバイさん大好きなんだけど何でこんなに嫌われてるん。かわいいじゃん。
      ・狼は想像以上に面白かった。そんなに派手なアクションでも無いのにじわじわ来る
      ・プロトタイホ君はみっちゃん殴るシーンより床から生えてくるシーンの方が怖いってば
      ・なるほど君見逃した。二週目やる
      ・冥たまかわいいよ。出番多くて嬉しかったよ
      ・ミクモちゃん、冥たまと二つしか違わないんだね。4話見るにもっと離れてるかと思ったよ
      ・冥たまそろそろ被告人席に立とうよ。出来レースじゃなくてマジに
      ・みったんと冥たまは相変わらずで良かった。何処までもドライにくっついて欲しい


      ・話が、一話を基準に→過去→過去→もっと過去→未来 ってなるのは何か流れワリィと思う
      ・逆転裁判プレイヤー向けのネタがちょっとくどいかもとか思った。ああいうのはさりげなくやるもので、これ見よがしに「解る人には解ると思うけど☆」見たいなのは、何か品が無いと思う
      ・「ねえよwwww」なトリックが少なかった分、笑いどころも減ってたというか、お利巧すぎて物足りない感じも
      ・あ、でも、あの防犯カメラの映像はない。っていうかマニィの行動がなさすぎる。
      ・ついでにこれは「蘇る逆転」でも思ったことだけど「死体を見つからずに運ぶ」難しさってだいぶスルーされてないかな。死体そのものが見られなくても、かなり不審な姿になると思うんだけど。
      ・こないだ「動機と状況証拠ばかり掘り下げる推理モノは好きじゃない」とか言ったけど、でもちょっと動機が一辺倒というか、全部組織の一言で片付けれるのはどうなんだろ。犯人の背景が殆ど見えてこない
      ・特にカズラ。こういうお便利キャラは推理モノにとっては無敵キャラと変わらないと思うんだけど。後付けで何でもできちゃうっつーか。「姉」が嘘だったって段階でもうキャラというより、1つの素材としか見れなくなったな…。本当に姉だったら、ちなみくらい考えようのあるキャラだったと思うんだけど。(被害者の姉の立場から、ああいう状況になるまでのいろいろとか)
      ・裁判3は、ひとつひとつの独立した話が最後に線でつながる…って部分に、確かに感動したものだけど。でも、あんまり壮大なストーリー狙わないで、小粒で濃厚な話を積み重ねてほしい気がする。もちろん、二つは相反する要素じゃないので、両立してくれればそれに越したことはないんだけど。



      逆転裁判と比べて…って意味じゃ答えだすのは無理ですね。
      検事は推理で見えてくる真相が楽しかった。裁判は相手を言いくるめる過程や会話のテンポが楽しかった。
      だから、裁判じゃあり得ないトリックも許せるけど、検事でやったら許せない気がするw
      その分、裁判ではどれだけ新要素とかに凝ってもテキストつまらなかった時点で即終了な気もします。
      | ゲーム感想 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ゆの字 -
      スポンサーサイト 14:10
      0
        | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
        Comment








        Trackback
        この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
        << NEW | TOP | OLD>>