Epic Theft世界樹の迷宮メインの二次創作とか語りなブログ。
旧世界樹のめいろですが別に中身なにひとつかわってません。
絵とか小説とかあるよ。CATEGORIESからどうぞ。
リンクフリー。バナーはPROFILEの中にありますよ

公式とは全く関係ありません

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
    【プレイ日記】B15F 08:52
    0
      B15F 天空の海を泳ぐ主
      さてタイトルは再び解りやすく。解りやすいながら響きがよくて好きなタイトルです。
      海を泳いでるように空を飛ぶコロトラングルを指してるんでしょうが、
      同時に引きこもりがちなアイツも指してるわけですよね。
      そういえば三階層は海洋生物多いですね。全体的に水っぽい階層なんですが。
      水路が多いという以外にも、全体のイメージが海ですし。
      どうしても樹海が舞台になる以上、単調なMAPになりやすいと思うのですが、
      各階層の様変わり用は上手くできてるなあと思います。

      MAP自体は今はまだ「入ったらすぐボス」なMAPです。
      14階がいろいろツライのでありがたいにはありがたいですね。
      モリビトがちょっと出てきてボスけしかけて帰ってきます。
      コロトラングルはモリビトに使役されてるんでしょうかね。
      ケルヌンノスはそんな感じはしませんでしたが…。

      さて、コロトラングル戦ですが
      当初ALLLV30で挑もうと息巻いてたんです。が、アイスブレスと水のヴェールのどうしようもなさに折れて断念。もう僕は疲れたよという勢いでレベル上げ。
      しかしレベル上げ中思い立つ。
      いや、しかし待て。まだ取れる手段はあるはずだ。
      タダでさえ基準もないヌルい縛りもどきなのに、これ以上へたれてどうする気だと。

      で、思いなおし頑張る事に。
      まず作りたてバードのLV上げ。こいつに氷幕の幻想曲と蛮族の行進曲、沈静なる奇想曲を取らせます。LV22まで上げ。最初は1軍面子と上げてましたが、ある程度上がった後は、採取レンジャーとともに一階層をお散歩しつつ上げました。
      ついで、採取レンジャーを三階層につれていって採掘採取伐採。これでお金を集めまして、薬と装備品(また1ランク下で挑んでた)を新調。
      これにて挑みます。
      バードを入れる代わりに誰を外そうか悩んだんですが、レン子と迷った末、結局ケミ男外す事に。
      でもアザステとってないので、レン子を外した方が良かったかもしれません。
      そしていざ再戦。

      パラ男、ダク男、レン子 LV31
      メディ子 LV32
      バード LV22

      でした。

      1R
      パラ男→バックガード
      ダク男→防御
      レン子→防御
      メディ子→ファイアオイル
      バード→氷幕の幻想曲

      1Rはとにかく氷幕が無事かかる事が最優先で。
      アイスブレスに先攻できないので、死人を減らす為ひたすら防御。
      バードが死ぬと崩壊なので、パラ男はバックガード。
      しかし、よりによってメディ子なにやってるんだと後から見返して鬱。
      水のヴェール使ってくるんだからいらないよ(でも後半までつかってこなかったので、
      ある程度意味はあったんですが)
      死人はでないものの、アイスブレスの追加効果でメディ子おやすみなさい。

      2R
      パラ男→防御陣営
      ダク男→ドレインバイト
      レン子→ソーマ
      メディ子→おやすみ
      バード→防御

      メディ子が寝てしまったので、先攻できるだろうレン子がソーマで回復(もったいないかも…)
      ここで死なれるのも痛いので、バードは防御陣営張られるまで防御。
      全体攻撃でメディ子が殴られて起床。

      3R
      パラ男→フロントガード
      ダク男→ドレインバイト
      レン子→ブーストサジ矢
      メディ子→エリアキュア
      バード→ブースト蛮族の行進曲

      ここに来てまともに攻撃開始。が、甘かった。
      HPMAXでフロントガードまでつけてやれば死なないだろうと思ったダク男が体当たりで死。
      蛮族かかるまでは慎重に行くべきだった…。
      後悔しても遅いのでなんとかするしか無い。

      そして攻撃力を下げられて、始めて猛き戦いの舞曲をとってないのに気付く。
      「とりあえずスキルポイント余らせておいて、戦って(全滅して)何にふるか見極めるか〜」とか思っての事だったのに、全滅しても振るの忘れたというダメっぷり。

      その後は基本的に死んだ場合ネクタル使用→キュア3で一ラウンドで回復させないと延々起きたところを潰されるので(それで一度ジリ貧全滅した)
      頑張って持ちこたえていたものの、思ったよりネクタルもメディカも用意してなくてまたも目論みハズレ。
      その上ピンポイントで防御陣営使用ラウンドにパラ男が殺され、
      前衛がひたすら片方リザレクション→次ラウンドで回復前に殺される、が延々くり返されるハメに。
      その代わり、体当たりしかしてこなくなったので、後衛はわりかし落ち着いていたのですが。立っては殴られるもぐらたたき状態の前衛が無残なこと、むざんなこと。
      これはまた全滅かなあと思いつつも、レンジャーが孤軍奮闘。いつもはケミ男のおやつであるアムリタ兇鮨べまくって頑張りました。
      で、撃破。やった!やったよ!倒したよ!
      しかも氷骨手に入りました。まあ、アーチドロワーなんて買えませんけどね。

      散々ポカやっても勝ったので、もっときっちりやれば余裕をもって勝てたかもしれません。

      とは言え、今回の低レベルプレイは、もともとの理由は「リプレイ小説書く際の材料なんだから、苦しい戦闘したい!」って事なんですよね。
      楽勝で切り伏せても物語的には(´_ゝ`)フーンじゃないですか。
      とくにイベントバトルは。
      だからあくまで固定メンバーでどれだけレベル下げて挑めるか…なんですが、
      今回はちょっとバードを特化させてしまったので、趣旨から外れるような気がしなくもなくて。
      もちろん、バードをギルドメンバーとして作成したのは、バードが必要な事態を考えてあらかじめ入れておこうって事だったので、バード使用する事事態はいいんですが…。
      氷幕上げちゃったのは、もろ対特定ボスっぽくて微妙に敗北感がありました。


      さて、次は第4階層です。はやいものだ。
      ところでここでモリビトちゃんがわかりやすく石版落としてくのは、
      もう少しどうにかならなかったのかと思わなくもないとか(笑)
      | 世界樹プレイ日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ゆの字 -
      スポンサーサイト 08:52
      0
        | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
        Comment








        Trackback
        この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
        << NEW | TOP | OLD>>