Epic Theft世界樹の迷宮メインの二次創作とか語りなブログ。
旧世界樹のめいろですが別に中身なにひとつかわってません。
絵とか小説とかあるよ。CATEGORIESからどうぞ。
リンクフリー。バナーはPROFILEの中にありますよ

公式とは全く関係ありません

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
    【プレイ日記】B16F 08:45
    0
      B16F 流れる砂の上で進む道を求めた場所
      タイトルは何かかっこつけてますが、端的に言えば「流砂流砂でちっとも先にすすめないよ何処行ったのママー」って事ですよね。ママってツスクルさんかよ。
      でも妄想野郎の極みとしては、ここでタイトルにはツスクルさんの心境も入ってる説を提唱します。
      ほら、ここじゃまだ悩んでたんですよ。
      流れる砂の上で一人でじっと思い詰めていたんです。
      自分はこれでいいのだろうか。
      いい加減あの女(レン様)なんか見限っちゃおうか。とか(酷い)
      …まあ実際そこで見限ってるようなら、かなりがっかりというか、魅力大幅減なんですが。
      ツスクルさんのキャラとしては、アレで良いと思います。
      しかしながら、裏とか考えず素直に台詞だけ見返してみれば、レンの為に踏破しろと煽っておいて、やっぱりレンの為にと殺しにくるツスクルさんに比べりゃ、散々忠告した上で殺しに来るレン様の方がまだ優しいんじゃないかとか絶望的な感想ももたなくもないですね。

      MAP感想じゃなくてツスクルさん感想になってしまいましたが。
      二週目プレイで、かつ低レベルで突き進む事前提ですので、最短ルートで抜けようと試みます。
      流砂だって慣れてしまえばこっちのもの。ツスクルさんまでの道はしっかり記憶に刻まれています。というわけで今会いに行くよツスクルさん。

      行き止まり。
      …何故でしょう。おかしいなと思いつつ理由を考えて見ますと、すぐに思い当たりました。
      氷竜への道です。終盤にもなればこのMAPを通る事なんて逆鱗マラソンが主になるので、無意識にマラソンコース走っちゃったというわけです。
      気を取り直してもう一度。今度こそまってててねツス(ry

      行き止まり。
      私のツスクルさんへの愛はこの程度だった模様です。

      さて、ここにきてエトリアではシリカ嬢が意味ありげな台詞を言いだしたり、
      ついに殲滅ミッションが発動されたりします。
      久しぶりに長が出てきてくださるんですが、もう少し良い大義名分は無かったんですかね…。
      樹海の奥で倒れた冒険者は全部モリビトの仕業、って台詞には妙に違和感があります。
      それ言ったら1Fで倒れる冒険者はほぼ毒アゲハとモグラの仕業だが殲滅するのかよ、とか。そもそも四層以降は建前上誰も行って無いんだろ、とか。そもそも「全部」モリビトの仕業っておかしいだろ!よくわからないけど多分おかしい!!
      まあ殲滅させるための建前に過ぎないので、事実と食い違ってもいいのですが、
      もう少しもっともらしい事言って欲しかったですね。
      この時は情報操作してプレイヤーの意識を「モリビトなんて非道なヤツら殺すしかない!」って状態にしておいて、後から「実は全部長の妄言でした」にするとか。そしたら今以上の鬱シナリオになりかねませんが。
      ミッション事態がどうこうより、そこまでの流れがお粗末なのが悲しいです。
      長、もう少し聡明っぽいキャラであって欲しかったですね。

      追記。流れがお粗末ってのは、わざとそうしたのかもしれません。
      元々ストーリー性は重視しない方針らしいので、
      あまりごちゃごちゃ裏があったり陰謀があったりするより、
      「こいつ言ってる事おかしいよ!悪い奴だよ!」ってのを解りやすくしたほうが、
      コンセプトにはあってますね。
      | 世界樹プレイ日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ゆの字 -
      スポンサーサイト 08:45
      0
        | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
        Comment








        Trackback
        この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
        << NEW | TOP | OLD>>